2019年6月18日火曜日

2019.7.7 アコカフェディナーライブのお知らせ!




2019年7月7日(日) 東京荻窪アコースフィアカフェ でディナーライブを開催します!

Sonascribeの演奏と共に日限りのスペシャルディナーをお楽しみください。

ディナーは前菜、スープ、メイン、デザートのコースでお届けします。
シェフが腕によりをかけたメニューをご提供します。

みなさんのお越しをお待ちしております!



日にち 2019.7.7 (日)
場所 東京荻窪アコースフィアカフェ
住所 東京都杉並区南荻窪4-3-4
時間 Open 18:30〜 演奏 19:00〜
料金 ¥3,500 (ディナー&ミュージックチャージ込み)
演奏 Sonascribe

ご予約は sonascribe@gmail.comまで「お名前」「ご予約人数」、件名または本文に「7月7日ディナーライブ予約」とご明記の上、ご連絡ください!

2019.8.4 Sonascribe東海地方ライブのお知らせ。



Sonascribe東海地方ライブのお知らせ。
2019年8月4日、ギターデュオSonascribeが東海地方の演奏に伺います!
場所は岐阜県各務原市 ufu Cafeさま
木曽川河畔を見渡せる自家製生パスタと珈琲の美味しいお店です。

今回は最新作シングル、「世界にひとつだけの花」も会場で販売致します。

東海地方にお住いの皆さま、ぜひこの機会にSonascribeを聴きにいらしてください!
より多くの方に会えるのを楽しみにしております!



公演詳細
日時 2019/8/4 15:00 開演
場所 ufu Cafe
各務原市鵜沼朝日町1-269-1
058-372-3560

投げ銭 + 1オーダー

席数が限られていますのでお店の方に事前申し込み願います。

お問い合わせ先
ufu CAFE 058-372-3560

ランチメニューご希望の方はお店にお問い合わせください。

新しい世界を見せたい



君に世界を見せてあげられる。輝き、煌く、広がる世界を。
本曲の1節目の歌詞。

「世界を変えたい」とか、「世界に衝撃を」とかはおこがましいけれど、と控えめなことは言いませんよ。
音楽家をやっている以上はそう本気で思ってやってます。

魅力的な音楽、体験、そして人物との出逢いは自分に新しい世界を見せてくれたり、時にガラリと変えてくれたりします。
そして僕は幸運なことにそうした出逢いをこれまでに数多くすることができて、この仕事ができているのだと思います。
それは本当に感謝しています。

自分もまた親い人にとってもこうして自分の音楽を聴いてくれているあなたにとっても何か新しい世界を見せられる存在でありたいと切に願っています。
そんなことを思いながら今日も練習を重ねたり、こうして作品を世に送り出したりしています。

2019年2月21日木曜日

音を記そう! 残そう!



ここ最近はレコーディング案件もあり、自分自身の活動のみならずもっと積極的に色々な人の音楽作品制作を手伝っていきたいなということを考えています。
レッスンの生徒さんだったり、インスタで出会った人だったり。

歌や楽器の能力を持ってる人は世の中に多くいます。生徒さんでもレッスンの中で力をつけてきた方もいっぱいいます。
しかしレコーディングのスキルや機材となると、それを持っている人はまだまだ少ないです。
レコーディングの機器の進化や、iTunes、Youtubeといった発表の場の充実といった環境が整ったとはいえそれらの獲得は依然として難しいのが現状です。

ギターやウクレレのレッスンでは僕の「演奏」というスキルを皆さんとシェアしているわけですが、レコーディングのスキルや機材もシェアするということです。
そして「楽器を弾く」という経験の先にある作品を作るという経験をより多くの人にもたらすことができたらいいなと思っています。

作品作りはとても大変ですけど、音を記すというのはとても尊いことです。
その記した音で人生が変わることもあるかもしれない。

限られた人しかレコーディングや発表ができない時代はもう終わりました。
でも簡単にとか等身大でいいとかそういうのはイヤです。
それは僕が求める音楽でも皆さんに体験して欲しい音楽でもない。
やるからには力を出し切っていいものを作りましょう。

もっと多くの人に音楽を!

2019年2月20日水曜日

画狂老人卍


画狂老人卍、これは葛飾北斎が最晩年に用いた画号、いわばペンネームです。
写真はその頃に書かれた自画像です。
このエキセントリックな画号と画風に違わず、かなりブッ飛んだ人だったようです。
次かた次へと転居を繰り返し、人に挨拶はせず、お金には無頓着。
しかし絵に関してはまさに狂っているといえるような並ならぬ情熱を持っていたようです。

彼は88歳で亡くなったのですが、死ぬまで絵を書き続けたそうです。
年を重ねると老成とでもいいますか、長いキャリアに裏打ちされた揺るぎない自信が漲っているのではないかと思います。
しかし北斎はそうしたものとは無縁でした。
北斎は80代になってもなお「ガキの頃から絵を描いてきたけど80歳をこえてもまだ猫一匹まともに描けやしねえ!」と嘆き、本気で悔し涙を流していたそうです。

キャリアを重ねてえる自信はとても大切なものだと思います。
しかし成長を続けるためには自分を否定し、コンプレックスを持ち続けていくことが重要だと思います。
「ここまでやったからよい」という満足や「自分はできている」という自惚れは自身の成長を止めてしまいます。
そもそも音楽、絵画、芸術に「これでいい」というゴールはありません。
今まで積み上げてきたものをぶっ壊し続けていくような気概、今までの自分を殺すような鬼気迫る気概が必要なのではないでしょうか。

自分も「50年もギターを弾いてきたけど未だにCコードひとつまともに鳴らせねえ!」と本気で悔しがるような爺さんになりたいと思います。

2019年1月21日月曜日

Acousphere Recordよりケラフミコさんの新作音源リリース!



ニューリリースが続いております、アコースフィアレコード。
今回はボーカリスト、ケラフミコさんの新作音源が2曲同時リリースとなりました。

一つ目の曲は「あなた」
軽快なカホンをフィーチャーしたアップテンポなナンバー!
まっすぐな思いを歌ったシンプルなラブソングです。
日常で元気をもらいたい時に聴きたい一曲です。

もう一つの曲は「君のそばに」
こちらは「あなた」とは対照的なしっとりとしたバラード
ボーカルとギターのハーモニーが寄り添ってくれるように響きます。
寂しい気分の時なんかに寄り添ってくれる一曲となると思います!

両作とも演奏、プロデュースはアコースフィアさんです。
丁寧に練り込まれた伴奏のギターアレンジはギターファンにとっても必聴です!

iTunes Storeにて配信販売中です!
ぜひお手元のパソコンや携帯にダウンロードして日々の愛想曲にしていただければと思います!

購入はこちらから!
「あなた」
https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F-single/1450102672?app=itunes

「君のそばに」
https://itunes.apple.com/jp/album/%E5%90%9B%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%81%B0%E3%81%AB-single/1450102744?app=itunes

2018年10月4日木曜日

ミュージックパーティーご参加ありがとうございました!



アコースフィアギタースクール、ミュージックパーティー、ご参加の皆さんありがとうございました!

台風予報の中での決行でしたが、到達の前に行うことができました。
パーティー中は雨も降らずテラス席も使えて良かったです。
とはいうもののご自宅が遠方の方で参加を見合わせられた方もいて、また次回にぜひ!といった具合です。

今回も何回目かの発表になる生徒さんもいれば、今回が初めての生徒さんもいて、それぞれお話も盛り上がっておりました。

どうしても個人レッスンだと普段は他の生徒さんに会う機会も少ないのでこうした機会に音楽仲間を増やしてもらえたらと思います。

次回は来年1月の27日に開催しますので、また奮ってご参加いただければと思います!

2018年9月26日水曜日

ロンドン時代のバンド、Forwardman。



ロンドンにいた頃に所属していたバンド、Forwardman。
ギタリスト募集の広告を見てバンドリーダーに会いに行き、僕の加入が決まった。
それ以来帰国までライブ活動をそのバンドで続けることになる。
バンドリーダーはSamというフィンランド人で僕の留学生活の中で最たる恩人の一人だ。
歳は5つか6つ上で、フィンランド人らしい静かな雰囲気はあるものの、決して無口ではなく、よく話をした。
休みの日はよく彼のうちに行って曲を作った。
彼の作ったメロディーやコード進行を僕がギターで実際の形にしたりリフをつけたりと行った具合だ。
毎週のようにライブがある時もあったし、そう考えると週の半分は彼に会って過ごしていたなと思う。

帰国の際は嬉しいことに相当引き止めてくれた。
僕ももう一年いようか本気で悩んだけれども、バンドを抜けて帰ることにした。

それっきり連絡を取っていない。
これは全くもって僕の筆不精がいけないのだけれども、向こうも連絡してくるわけでもなく、20代の男なんてのはそのくらいいい加減なものかもしれない。

実際には僕は僕でSamとForwardmanのその後が気になりバンドのMy Spaceはちょくちょく見ていた。
(びっくりするくらい急に過疎化してしまったがMy Spaceは当時主流だったのだ。)

一年くらいは動きがあったけれどもその後Forward ManのMy Spaceは更新されなくなってしまった。
ほとんど休止状態になったのか、もしかしたらSamはもうロンドンからフィンランドに帰ってしまったのか、色々考えた。
そう考えるとなかなかメールを一通書くのも億劫になった。
なるべくなら悲しい知らせは聞かないに越したことはない。

昨日ふと思い立って今度はYoutubeで検索してみた。
そしたらなんとでてきたのだ。
手の込んだミュージックビデオが最近アップロードされている。
Samはまだしっかり音楽をやっているのだ。
嬉しかった。

シリアスな顔で時折シニカルに笑うSamが映っていた。
あれから10年も経っているがあまり変わっていない。
懐かしい声だ。
メールでも一通書いてみよう。

2018年9月20日木曜日

シールドの選び方について喋ってました。



最近はレッスンや機材、あと音楽全般について思ってることなどをちょっとVlogっぽいノリで喋ってYoutubeにアップしていこうと考えています。

今までどちらかというとブログやレッスン記事として書いていたであろうネタたちを動画として送り出そうかなという感じですね。

結構気になるけど意外とどこにも書いてない、と言ったような役立つ情報をピックアップしていきます。

第一弾はシールド選びについて。
ピックとかシールドとかこういう選択肢が多いアイテムは結構悩みますよね。
楽器屋さんに行くとかなり膨大な種類のものが売られていてさらに迷うと思います。
そこで僕が考えるシールド選びの基準についてズバッと喋って見ましたのでぜひごらんください!

2018年9月4日火曜日

10/30,31 Acoustic Garage 2daysライブ開催のお知らせ!



6月に初の2Daysを行い大好評を博したAcoustic Garage。
みなさんの声にお応えして今回も2Daysでの開催を決定いたしました!
次回は10月30日と31日!
ギターとウクレレの音色を存分に楽しんでいただけるイベントになりますので、ぜひお越しください!
ライブのご予約は10/21 12:00より一斉予約開始となります。
下記メールアドレスまで必要事項を記入の上ご連絡ください。
みなさんのお越しをお待ちしております!


ご予約


<info@acousphere.net>

まで「お名前」「ご予約人数」 ご希望の日にち、件名に「林本ライブ予約」と明記の上ご連絡ください!

10月21日、お昼12:00より一斉予約開始!



Acousphere Record presents
【Acoustic Garage 2days Vol.13&14】


2018年10月30日,31日
会場 吉祥寺曼荼羅
時間 open 18:30 start 19:00
料金 予約 ¥2700 当日 ¥3200


出演
Acoustic Sound Organization
Sonascribe
Dewa Hiroki Solo Project
Acousphere Toshi & Takehiko Hokazono
Aerial
片山海人
Shoichi Kurosaki & Hiroshi Takagi

加えて今回はスペシャルゲストも登場します!


会場アクセス

吉祥寺曼荼羅
東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目5−2
http://www.mandala-1.com